詳 細

唐津を敢えて真似たと言う焼物ではなく、当時の茶人の美意識に基づいて造れ ば、産地が違っても土物として同種な物が焼かれるのは必然な事です。

美濃は焼物の原材料と成る素材が豊富にあるのと、還元、酸化を使い分け駆使 した焼成技術の高さから、他産地の窯業と比べると格段に焼物の種類が多く、 美濃伊賀、美濃唐津は、単一種の焼物産地の伊賀、唐津の名称を借りて同類の 特徴を持つ焼物を言い表した物です。

美濃唐津の胎土は唐津と同様な鉄分の多い土を使い、鉄錆で彩色し灰長石釉を 施しています。 意匠は志野織部と同様な好みと成っています。

 

戻 る
目 次

 

志 野
織 部
黄瀬戸
瀬戸黒
美濃伊賀
美濃唐津